7月21日(水)大垣西濃信用金庫から展示資料を提供いただきました - 岐阜関ケ原古戦場記念館 7月21日(水)大垣西濃信用金庫から展示資料を提供いただきました - 岐阜関ケ原古戦場記念館 7月21日(水)大垣西濃信用金庫から展示資料を提供いただきました - 岐阜関ケ原古戦場記念館 7月21日(水)大垣西濃信用金庫から展示資料を提供いただきました - 岐阜関ケ原古戦場記念館

news

7月21日(水)大垣西濃信用金庫から展示資料を提供いただきました

岐阜関ケ原古戦場記念館の展示資料として、大垣西濃信用金庫から竹中半兵衛の戦法を伝える兵法書「軍法極秘伝書」の寄附をいただきましたので、感謝状の贈呈式を開催しました。
なお、寄附資料は、記念館での展示及び研究等に活用させていただきます。

【贈呈式について】
1 日 時 7月21日(水) 14:00~14:15
2 場 所 岐阜関ケ原古戦場記念館 1階 エントランス
3 感謝状受領者 大垣西濃信用金庫 理事長 栗田順公
4 感謝状贈呈者 岐阜関ケ原古戦場記念館 館長 小和田 哲男
5 寄附された資料 軍法極秘伝書(和本)7巻組


【軍法極秘伝書について】
慶安2年(1650 年)に刊行された竹中半兵衛の戦法を伝える兵法書。『孫子』などに記載のある古来の軍法を吟味し、合戦でとるべき陣形や戦道具の用い方を図入りで記載している。
奥書によれば、近江中納言秀次(豊臣秀次)の命でまとめられたとされる。竹中半兵衛が江戸時代の早い時期から軍学者として認識されたいたことを示す史料であり、全7巻本が欠本なしに揃っている点が貴重である。